【人体の構造と機能及び疾病の成り立ち】の解説  栄養・代謝に関わるホルモン・サイトカインに関する記述である

今日は人体の解説をしていきます❕

では、早速問題を見て行きましょう❕

 

 

栄養・代謝に関わるホルモン・サイトカインに関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

(1)グレリンは、脂肪細胞から分泌される。

(2)GLP1(グルカゴン様ペプチド1)は、空腹時に分泌が増加する。

(3)アディポネクチンの分泌は、メタボリックシンドロームで増加する。

(4)グルカゴンは、グリコーゲン分解を抑制する。

(5)アドレナリンは、脂肪細胞での脂肪分解を促進する。

 

 

どこが間違っているか見て行きましょう❕

 

 

(1)グレリンは、脂肪細胞から分泌される。

正しくは→

 

 

(2)GLP1(グルカゴン様ペプチド1)は、空腹時に分泌が増加する。

正しくは→満腹時

 

 

(3)アディポネクチンの分泌は、メタボリックシンドローム増加する。

正しくは→減少

解説

アディポネクチンとはf:id:Ayamama:20211006131926p:plain

・脂肪細胞から分泌されるホルモン

インスリン感受性を高める

・脂肪を燃焼させる

血栓予防や動脈硬化予防の作用がある

 

 

(4)グルカゴンは、グリコーゲン分解を抑制する。

正しくは→促進

解説

グルカゴンとはf:id:Ayamama:20211006131926p:plain

肝臓グリコーゲン分解を促進させて、血糖値を上昇させる

 

 

(5)アドレナリンは、脂肪細胞での脂肪分解を促進する。

解説

アドレナリンとはf:id:Ayamama:20211006131926p:plain

・気管支を拡張させる

・血糖値を上昇させる

・血圧及び心拍数を上昇させる

・ストレスにより分泌は亢進する

 

 

 

解答(5)

解説はここまでにしたいと思います。

分からなかった部分や間違った部分は理解出来たでしょうか❔

今日は第34回の人体の解説をしました❕

 

 

では、次回の記事でお会いしましょう❕

以上、Ayamamaでした👋

👇一問一答で便利なのでチェックしてみて下さい👇

👇皆さんレビューブックは買われました?👇