管理栄養士  Ayamama's diary

管理栄養士国家試験✨子育て✨美容✨に関する事を書いてます

第32回  経腸栄養法に関する記述である

こんにちは。Ayamamaです。

このブログを見てくださっている方に分かりやすい解説をするために私が国家試験を受ける前に勉強していた過去問を見ていきたいと思います。

今日も第32回管理栄養士国家試験(臨床栄養学)について解説していきたいと思います。

では、早速問題を見ていきましょう。

 

 

経腸栄養法に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)半消化態栄養剤は、脂質を含まない。

(2)成分栄養剤の窒素源は、たんぱく質である。

(3)判固形タイプの栄養剤は、胃瘻に使用できない。

(4)下部消化管完全閉塞時には、禁忌である。

(5)下痢が生じた場合は、投与速度を速める。

 

 

どこが間違っているか見て行きましょう❕

 

 

(1)半消化態栄養剤は、脂質を含まない。

正しくは→含む

解説

・半消化態栄養剤の脂質含有量は、比較的多く約30%含まれている

・消化態栄養剤の脂質含有量は、少なく約10%含まれている

・成分栄養剤の脂質含有量は、比較的少なく約1~2%含まれている

 

 

(2)成分栄養剤の窒素源は、たんぱく質である。

正しくは→アミノ酸

解説

・半消化態栄養剤の窒素源は、たんぱく質ポリペプチド

・消化態栄養剤の窒素源は、オリゴペプチドとアミノ酸

 

 

(3)判固形タイプの栄養剤は、胃瘻に使用できない。

正しくは→できる

 

 

(4)下部消化管完全閉塞時には、禁忌である。

 

 

(5)下痢が生じた場合は、投与速度を速める。

正しくは→遅くする

解説

・投与速度が速いと下痢の原因になる

 

 

 

解答(4)

解説はここまでにしたいと思います。

分からなかった部分や間違った部分は理解出来たでしょうか❔

 

では、次回の記事でお会いしましょう❕

以上、Ayamamaでした👋