第32回管理栄養士国家試験  最近の国民医療費に関する記述である(社会・環境と健康)

こんにちは。Ayamamaです。

このブログを見てくださっている方に分かりやすい解説をするために私が国家試験を受ける前に勉強していた過去問を見ていきたいと思います。

今日も第32回管理栄養士国家試験(社会・環境と健康)について解説していきたいと思います。

では、早速問題を見ていきましょう。

 

 

問題

最近の国民医療費に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)1人当たりの国民医療費は、30万を超えている。

(2)65歳以上の1人当たりの国民医療費は、65歳未満の約2倍である。

(3)国民医療費は、公費負担分に含まない。

(4)国民医療費は、正常な妊娠や分娩に要する費用を含む。

(5)傷病分類別医科診療医療費では、「悪性新生物」の割合が最も多い。

 

 

どこが間違っているか見ていきましょう❕

 

(1)1人当たりの国民医療費は、30万を超えている。

解説

2020年度(平成30年)の国民医療費が43兆3.949億円であり、1人当たりの国民医療費は34万3.200円でした。

厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kiryohi/18/dl/kekka.pdf


(2)65歳以上の1人当たりの国民医療費は、65歳未満の約2倍である。

正しくは→約4倍

解説

1人当たりの国民医療費:65歳未満は18万8,300円、65歳以上は73万8,700円

厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/18/dl/kekka.pdf

 

(3)国民医療費は、公費負担分に含まない

正しくは→含む

解説

国民医療費:その年度内の医療機関などにおける保険診療の対象となる傷病の治療に要した費用を推計したもの

 

(4)国民医療費は、正常な妊娠や分娩に要する費用を含む

正しくは→含まない

解説

国民医療費は、傷病の治療費に限っているため(1)正常な妊娠・分娩に要する費用、(2)健康の維持・増進を目的とした健康診断・予防接種等に要する費用、(3)固定した身体障害のために必要とする義眼や義肢等の費用は含まれていません。

www.mhlw.go.jp

 

(5)傷病分類別医科診療医療費では、「悪性新生物」の割合が最も多い。

正しくは→循環器系の疾患

解説

下の図を見ると「循環器系の疾患」が最も多く、次いで「新生物<腫瘍>」、「筋骨格系及び結合組織の疾患」、「損傷、中毒及びその他の外因の影響」、「呼吸器系の疾患」となっています。

f:id:Ayamama:20210220120509p:plain

厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/18/dl/kekka.pdf

 

解答(1)

解説はここまでにしたいと思います。

分からなかった部分や間違った部分は理解出来たでしょうか❔

このブログには2020年度の国民医療費を記載していますが、 国民医療費はその年ごとに厚生労働省が発表しているのでその都度、確認して下さい。

 

では、次の記事でお会いしましょう👋

以上、Ayamamでした❕